[トップページ] [サイトマップ]

ブランネリィ育成環境
Last Up Date:2005.11.24


↑ミクロポエキリア・ブランネリィ

↑ブランネリィ繁殖用の小型水槽(36cm)

ミクロポエキリア・ブランネリィ、ミニマやネオヘテランドリア・エレガンスなど
卵胎生メダカの繁殖を狙った育成環境を紹介します。

繁殖用水槽 30〜90cm水槽。
フィルター 小型水槽ではイーロカなどの水中用フィルターにスポンジを被せて使用
(稚魚の吸い込みを防ぐため)。
テトラ「ブリラントフィルター」のみの水槽もあります。
大型水槽では外部式フィルターを使用。
ともに付属のろ材は使わず、下記のものを使用。
ろ材 小型水槽ではエーハイムサブストラットプロを使用。
大型水槽ではリングろ材(パワーハウスなど)、エーハイムサブストラットプロ、
活性炭、ウールフォームの順に水が通るようにセット。
底床 ソイル系(ADAアクアソイルが主)。
Ph 5.0〜6.5の間。
Gh 気にしていないので測定したことはありません。
水温 約27℃(夏場は部屋のエアコンを付けっぱなしにしております)。
同居魚 オトシンネグロ、サイアミノーズフライングフォックスなど。
稚魚を食べてしまう生物(アピストなど)は同居させません。
基本的には単独(1種)で育成。
その他 ・稚魚の隠れ家が多くなるよう、水面に生い茂る水草を育成(↓下記参照!)。
・稚魚用のエサとしてマリンアート「アルテミア」を使用。
 ブラインシュリンプは与えていません(沸かすのが面倒なため)。
・稚魚にも親魚にも頻繁なエサやりを心掛けています。
・エサは「おとひめ」などの乾燥飼料や「冷凍アカムシ」を使用。
・水質の安定を狙ってモンモリロナイトを使用。
水質維持
について
水草の育成環境を参照してください。

繁殖用水槽にオススメの水草紹介!

ネグロウォーターファン
コメント:浮き草です。中央のくぼみは稚魚の隠れ家に最適!
画像はネオヘテランドリア・エレガンスが繁殖している水槽のものです。
アマゾンフロッグピッド
コメント:浮き草です。葉のマーブル模様が可愛く、あまり大きくなりません。殖えすぎて水面を覆いつくさないように注意!
ペルービアン・ホーンワート
コメント:水面に浮かせる水草。二酸化炭素を添加しないと赤が出ず、緑色になってしまいます。マツモの一種。
ニムファ・ミクランサ(レッドフレア)
コメント:水面まで葉が伸びれば、稚魚の良い隠れ家になります。
小型水槽にオススメ!
パンタナルチェーンニムファ
コメント:水面まで葉が伸びれば、稚魚の良い隠れ家になります。
小型水槽にオススメ!
ガシャモク
コメント:育成は少し難しいですが、水面までよく伸びてくれるので稚魚の隠れ家になります。
ミクロソリウム
コメント:弱めの光でも十分育成できます。丈夫な水草です。画像は石垣島産のミクロソリウムです。


 
↑ブランネリィ♂個体        産仔間近の♀個体(右)↑


↑ブランネリィ育成用の60cm水草水槽
(この環境でも繁殖をしています)