[トップページ] [サイトマップ]

ビーシュリンプ水槽にオススメの水草
Last Up Date:2005.11.28

「二酸化炭素の添加なし」「ソイル系の底床」という環境で育成でき
「ビーシュリンプに食べられない」「ビーシュリンプと相性が良い」という
オススメの水草を紹介します!

ニムファ・ミクランサ(レッドフレア)
コメント:何と言っても綺麗な水草です!二酸化炭素を添加すると大きくなってしまいますが、添加なしの環境では可愛らしい大きさで維持できます。
南米ウィロモス
コメント:人気のウィロモス!二酸化炭素を添加しないと少し細くなりますが、抱卵エビにも稚エビにも良い隠れ家になるようです。
ブリクサ・ショートリーフ
コメント:丈夫で良く殖え、見栄えも良い水草です。稚エビの隠れ家にもなります。
デナリー・コリムボーサ・コンパクト
コメント:ちょっと大き目の水草。水槽の後景に植えるとインパクトがあります。葉の薄紫色も魅力的!太くて丈夫です。
ロタラsp.“ベトナム”
コメント:細長い葉を付ける繊細な有茎草。その姿とは裏腹に丈夫で良く伸び、良く殖えます。
ロタラ・ロトンジフォリア
コメント:赤が美しい水草。育成は簡単ですが、綺麗な赤を出すためには強めの光と栄養分(特に鉄分)が必要です。
パンタナルインクリナータ
コメント:燃えるような赤が美しい水草。育成は簡単ですが、綺麗な赤を出すためには強めの光と栄養分(特に鉄分)が必要です。
マヤカsp.“サントス”
コメント:こちらも繊細な有茎草。透き通る緑が美しいです。光を多めに当てるのが育成のコツ!
ステラータ・ダッセン
コメント:細長い葉が密に付く中型の水草。育成は楽ですが、光は多く当てたほうが良いようです。状態が良いと薄紫色が葉に乗ります。
バコパsp.“ローライマ”
コメント:明るい緑が綺麗な南米産の水草。育成は少し難しいです。光を多めに当てほうが良いです。
パンタナルチェーンニムファ
コメント:ランナーで殖える小型のニムファです。赤系の色も綺麗で育成も簡単です。
エキノドルス・アングスティフォリア
コメント:小型のエキノドルス。ランナーで殖えます。緑色が美しく、中景にオススメ。
ガシャモク
コメント:透き通る緑が綺麗な日本産の水草。育成は少し難しいです。できれば二酸化炭素の添加をしたほうが良いです。
ホシクサsp.“ギニア”ナローリーフ
コメント:大型のホシクサですが、育成は簡単です。センター向き。光は多く当てたほうが良いです。
ゴイアススタープランツ
コメント:中〜大型のホシクサです。育成は少し難しいですが、ビーシュリンプとホシクサは良く合います。
ホシクサsp.“キンバリー”ショートリーフ
コメント:小型のホシクサです。前景にオススメですが、できれば二酸化炭素の添加をしたほうが良いです。
ミクロソリウム
コメント:弱めの光でも十分育成できます。丈夫な水草です。画像は石垣島産のミクロソリウムです。
ペルービアン・ホーンワート
コメント:水面に浮かせる水草。二酸化炭素を添加しないと赤が出ず、緑色になってしまいます。マツモの一種。
アマゾンフロッグピッド
コメント:浮き草です。葉のマーブル模様が可愛く、あまり大きくなりません。殖えすぎて水面を覆いつくさないように注意!




その他の紹介!
「同居魚」「不向きな水草」など


オトシンネグロ
コメント:コケ対策に。特にビーシュリンプに悪さをするような感じはないです。
オリジアス・メコンエンシス
コメント:超小型!メコン川のメダカです。我が家ではビーシュリンプと同居させていますが稚エビを食べることもなく、平和に共存しています。糸状のコケ(アオミドロ)やミジンコなどを食べてくれます。彼らの繁殖も面白いですよ!←南米ウィロモスに卵を産みます。
トニナ 各種
コメント:トニナは一般的にビーシュリンプに食べられてしまうので不向きです…。画像は「トニナsp.」です。
ムジナモ
コメント:捕虫嚢が大きいので、稚エビが食べられてしまいます…。